2011年03月05日

素のままフェスタ2011

2011年3月5日(土)、「よろこび」を通じて様々な立場の人々がつながるフェスティバル『素のままフェスタ2011』に出場しました♪

表現活動を通じて障がいのある方の自立を支援し、「楽しみ」を軸に地域とのつながり広げていこうとの想いで始まった「素のままフェスタ」。今年11年目を迎えるこのフェスティバルは、ますます多くの方々の参加、支援、協賛を受け、どんどんパワーアップしています!

20110305-1.jpg
この日、豊中市民会館の大ホールとロビーでは、歌やダンス、楽器演奏、ジャグ、ちんどん口上まで、今年も多種多様なパフォーマンスが繰り広げられました。

20110305-2.jpg
アレサを会場として定期的に開催されているゴスペル・ワークショップの参加者も、この日は「素のままゴスペル・クワイア」として出場!
ピアノとリード・ボーカルにスーパー・ソウルフルなゴスペル・ミュージシャン、カサンドラ・ピークさんを迎え、会場のお客様や他の出演者たちをまきこんで、元気いっぱいに歌いました。

講師であり指揮者でもある古山夏子さん率いる本格ゴスペル・クワイア、ハーレムJPの有志メンバーたちも応援参加してくれました。
ともに歌った皆さん、会場の皆さん、実行委員やヘルプの皆さん、本当にありがとうございました。
posted by KT@ARETHA at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。